GSR750にプーチのスクリーンを取り付けました!

皆さんこんばんは!(=゚ω゚)ノ
僕がGSR750を購入して、納車されるまでの間に、ネットで色々買い物をしていたのですが、その中に「プーチのスクリーン」がありました。
スクリーンは、関東バイク旅をした時に、ロングツーリングに行くならスクリーンがあるのとないのとでは全然違うだろうなというのをすごく感じたので、GSRにも取り付けようと考えて購入しました。
納車されるよりも前に、スクリーン自体は届いていたのですが、まだ最初の内はノーマル状態で写真をいっぱい撮っておこうと思い、取り付けは後回しになっていました。
で、写真も沢山撮ったので、もうそろそろ取り付けてもいいかなという事で取り付けました(=゚ω゚)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Puig 5646W NEW GENERATION [CLEAR] SUZUKI GSR750 (11-17) プーチ スクリーン カウル
価格:19000円(税込、送料無料) (2018/9/10時点)

 

結論から言うと、もの凄く苦労しました(/ω\)
作業内容自体はたいした事はしないのですが、スクリーンの寸法が合っておらず力技で捻じ曲げながらの作業
おまけにスクリーンを取り付けるボルトとナットの構造自体に問題があり、最後のたった4本のボルトを取り付ける作業に、何時間もかかってしまいました(/ω\)
結局、ナット側のゴムとナットの複合した部品が構造自体に問題があり、ゴム部分をハサミでカットして、更に別でナットを用意しなければ取り付けることが出来ませんでした。
おまけに力技でへん曲げながらボルトをねじ込んでいこうと無理をしてしまい、ノーマル純正のショートスクリーンに思いっきり傷を付けてしまいました(*_*)
その傷が酷過ぎて、もうノーマルには戻せそうにありません(/ω\) 最悪です・・・(´;ω;`)
この下の写真の、左右のゴム製のやつの中にナットが埋め込まれているのですが、取り付けようとした際に、ボルトが突き抜けてしまい、丸く傷が入ってしまってます。

キャンプやロングツーリングに行くときにだけ、スクリーンを取り付けるとか出来なくなってしまいました(/ω\)
傷の入った所を、写真に収めるのも忘れてしまいました(/ω\)
正直、思った以上に苦戦してしまい、それどころではなかったというのが本音です(>_<)
今まで色んな整備をしてきましたが、タイヤ外したり、クランクケースをバラしたりする作業よりも、このたった4本のボルトをとめるのが、一番時間がかかった上に、一番苦労して汗かきました(/ω\)

取り付けは一応完了したのですが、正直このGSR750専用の、プーチのスクリーンに関してはお勧め出来ません(/ω\)
物凄く苦労すると思います。

まず寸法が合っていない為、スクリーンを力で広げながらの作業になるので、一人でやるとしんどいです。
二人でやれればもっと違ったかもしれません・・・(/ω\)
今回は、愚痴ばかりになってしまい申し訳ありませんでした_(._.)_
愚痴を聞いてくれてありがとうございました。(´;ω;`)

[ad#co-4]


One Reply to “GSR750にプーチのスクリーンを取り付けました!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。